スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←副腎疾患 →X線診断
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png フェレット
  • 【副腎疾患】へ
  • 【X線診断】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フェレット

インスリノーマ

 ←副腎疾患 →X線診断
インスリノーマ

 インスリノーマはフェレットに最も多い腫瘍性疾患と言われている。中高齢のフェレットに多くみられるが、稀に弱齢でも発症する。発症の頻度の高さと、急激に低血糖に陥る危険性があることから、中高齢のフェレットでは定期的に血液検査等を行うことが勧められている。

臨床症状
 インスリノーマは膵臓のランゲルハンス島β細胞由来の腫瘍である。腫瘍細胞からインスリンが過剰に分泌されるため、低血糖状態を招く。その結果沈うつ、後駆の運動低下、全身の運動失調、流涎、重度に至ると昏睡状態となることもある。
 急性に症状が発現するというよりは、軽度な沈うつ、運動能の低下、疲れやすさなどと言った症状が徐々に進行することが多い。
 罹患動物は症状が見られない時点でも低血糖状態を呈していることが多い。

診断

血糖値
 絶食後4~6時間後の血糖値が60mg/dLを下回る場合は、インスリノーマが疑われる。インスリノーマ以外の疾患でも、食欲の減退をみる場合には低血糖状態になることもあり、低血糖であることだけで、インスリノーマと判断はできない。しうし、食後時間を経過していない状態での血糖値が60mg/dLを下回っている場合はインスリノーマが強く疑われる。

インスリン
 血中インスリン値の上昇が血糖値の低下とともに認められれば、インスリノーマは強く疑われる。インスリン分泌が不規則に生じている場合もあるため、血中インスリン値が正常であってもインスリノーマが否定されるわけではない。このため一度だけの血中インスリンの検査では十分な判断指標とはならない。

超音波診断
 超音波診断装置により膵臓の腫瘤を描出できることもあるが、全く膵臓に結節を形成しない場合や結節がごく小さい場合も多い事から、有用ではない。



治療と管理
 インスリノーマに関しては、治療と予後に関する遡及的な調査は行われておらず、最適な治療法については確立されていない。

内科療法(投薬療法)
プレドニゾロン
 他の動物種でも行われている内科療法として、プレドニゾロンの経口投与が推奨される。0.2mg/kg,sid~bidから投与を始め、状況に応じて増減をする。プレドニゾロンは症状の軽減を見るだけで根本的に腫瘍を治療するものではない。したがって、腫瘍の増生とともに投与量を増加させてゆく必要が生ずることが多い。投与量が2mg/kgを超えると、プレドニゾロン単独でのコントロールは難しいといわれている。

ジアゾキシド
 ジアゾキシドは単独またはプレドニゾロンとの併用で用いられる。投与量は10 mg/kgが報告例として示されている。ジアゾキシドを併用することでプレドニゾロンの減量が可能とも言われている。
ステロイド(プレドニゾロン)の長期投与による副作用が心配されることからジアゾキシドを第一選択とすることもある。

外科手術
 膵島細胞の腫瘍は過形成、腺癌、腺腫など種々みられるが、病理診断や臨床症状の軽快を目的として外科手術が行われることもある。
 膵臓の結節の切除は直接的に原因を除去する治療法である。時には膵臓の部分切除も合わせて行われる。通常術後一定期間は正常な血糖維持が可能だが、再発する例も多く、根本治療治療と称していいものかどうかは疑問ではある。再発までの期間についても明確な資料はない。

栄養管理
 治療効果を高めるためには栄養管理も重要である。インスリノーマの罹患如何に関わらず、フェレットに糖質を与えることは好ましくないが、インスリノーマに罹患している場合は糖質の過給は禁忌である。極力低糖質、高蛋白の食餌を与えるよう、指導する必要がある。また、一日の中で時間を限って給餌を行うのではなく、常時えさが食べられるようにしておく必要がある。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png フェレット
  • 【副腎疾患】へ
  • 【X線診断】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントがえし

コメントいただいた方ありがとうございました。FC2-blogの使い方がまだわかっていないので、見づらい部分もあるかと思いますが、よろくおねがいします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【副腎疾患】へ
  • 【X線診断】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。