スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←鎮痛と麻酔でだいぶ時間がかかってしまいました →副腎疾患
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png フェレット
  • 【鎮痛と麻酔でだいぶ時間がかかってしまいました】へ
  • 【副腎疾患】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フェレット

副腎疾患(参考資料)

 ←鎮痛と麻酔でだいぶ時間がかかってしまいました →副腎疾患
 最新というほど新しくもありませんが、2011年のフェレットコングレスの情報を載せておきます。

フェレットの副腎疾患 (ACD)

l  2~5歳のフェレットに多くみられる(60-70%)

l  メス≧オス

l  左副腎に多い。

l  臨床症状は性ホルモンの影響により生ずる。

l  症状:脱毛、外陰部の腫大、そう痒症、行動の変化、その他。

l  Dx: 臨床症状、性ホルモン検査、触診、超音波検査、試験開腹

l  Tx: 副腎切除、リュープリン、デスロレリン、GnRHワクチン、メラトニン

 

去勢フェレットの性ホルモン正常値

l  エストラジオール < 180 pmol/L

l  17 OHプロゲステロン< 0.8 nmol/L

l  Androstenedione < 15 nmol/L

l  Dehydroepiandrosterone < 0.03 μmol/L

 

副腎のLH刺激の抑制がACDの内科治療としては最善である。

l  性ホルモンの上昇と臨床症状の発現は同期しない。

l  LH上昇から副腎過形成あるいは腫瘍形成の経過は早い。

l  副腎のLH受容体に最低限の刺激を与えることにより、長期間継続してLHを抑制することで、腫瘍の増生を最小限にとどめられる。

 

ACDの内科療法 で考慮すべき点

 

l  種々の薬剤それぞれに効果が異なる。

l  GnRHアゴニスト治療が内科療法の第一選択である。

l  懸念事項:腫瘍の増生および壊死、転移、ホルモンのコントロールは安定的でない。

l  腫瘍の増生を抑制する効果は無い。

l  利点:非侵襲的、副作用は軽微、診断的治療としても利用可能、外科手術前に安定させる目的にも利用可能、外科手術が適応とならない患畜にも有効。

l  費用:薬剤の種類および投与頻度により異なる。

 

 

GnRHアゴニスト(リュープリン、デスロレリン)の臨床適用

 

l  7日以内にホルモン値は正常域内に復する。

l  臨床症状が再発した場合、または間隔を決めて注射・インプラントを行う。

l  デスロレリン4.7 mgインプラント - 腫瘍増生率5%以下。

4.7 mg Des implant < 5% develop large

l  定期的に副腎の大きさをモニターする。→ 超音波または触診

l  効果が見られないフェレットもいる。

l  高用量が必要となる場合もある。

 

 

新しい内科療法とACDの予防

 

l  デスロレリン:皮下インプラント

Ø  4.7 mg ---19ヵ月毎 (8~26ヵ月)

Ø  9.4 mg --- ~ 2.5 年毎

l  GnRHワクチン:500 μg 皮下投与、3年内に1~2回、ACDを生涯にわたって予防可能。

l  デスロレリン注射薬90日持続型、Wildlife Pharmaceutical社製。

 

 

内科療法(リュープリンまたはデスロレリン)と外科手術の生存期間

生存期間はほぼ同等であった。

l  リュープリンまたはデスロレリンインプラント: 平均= 6.0 年(中央値= 6.2年)

l  GnRHアゴニスト:平均=6.1年(中央値=6.1年)

l  外科手術: 平均= 6.0 年(中央値= 6.2 年)

 

 

ACDの治療の比較 - デスロレリンと外科手術

 

外科手術

デスロレリン

再発までの期間()

0-38

3-30

平均

13.55

n=31

16.48

n=35

治療後死亡時期()

17.82

 

n=11

平均25.2

中央値23.0

n=34

 

 


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png フェレット
  • 【鎮痛と麻酔でだいぶ時間がかかってしまいました】へ
  • 【副腎疾患】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【鎮痛と麻酔でだいぶ時間がかかってしまいました】へ
  • 【副腎疾患】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。