更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 101234567891011121314151617181920212223242526272829302015 12

【  2015年11月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

リンパ腫

フェレット

2015.11.30 (Mon)

 リンパ腫 血液リンパ系の腫瘍ではリンパ腫が非常に頻度の高い腫瘍性疾患で、すべての腫瘍の中でもインスリノーマや副腎腫瘍に次いで多くみられます。実験的に水平感染の可能性が指摘されていて、このことからこの疾患の一部にレトロウイルスの感染が関係していることが疑われていますが、現在まだウイルス自体は分離されていません。フェレットではリンパ腫の分類は明確にはされていません。病理学者によって、報告書の記載内容が...全文を読む

PageTop▲

腫瘍性疾患

フェレット

2015.11.07 (Sat)

 腫瘍性疾患 現在飼育されているフェレットでは腫瘍性疾患が非常に多く、特に内分泌系の腫瘍が多くみられます。特に日本では米国より輸入されるフェレットが多く、この系統では副腎腫瘍、膵島細胞腫、リンパ腫が多くみられます。 フェレットの腫瘍は、臨床的挙動や予後、腫瘍随伴症状などは犬猫とは異なります。犬猫のインスリノーマは転移を起こすことが多いのに比べて、フェレットではほとんど転移は起こらず、良性に経過します...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年11月       翌月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。