フェレットの医療情報

フェレットの臨床に関する最新情報(可能な限り)を提供することを目的としています。ここ数年で特に副腎疾患については様々な新しい情報が得られてきています。気付いた点などご指摘いただければ幸いです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop▲

内分泌疾患

フェレット

内分泌疾患

 内分泌疾患とは、ホルモンを生成する臓器の機能異常により生ずる疾患で、フェレットには非常に多くみられます。腫瘍を生ずることも多く、他の動物と比較しても非常に発症頻度の高いものです。複数の内分泌疾患を併発する例もあります。
 フェレットは欧米では長く飼育動物として飼育されており、古くはその寿命を10~15年とする書籍もあります。しかし近年飼育下では5~8年程度と、短くなってきているのが実情です。その原因として内分泌疾患が影響している可能性が指摘されてきています。フェレットの内分泌疾患の原因としては、遺伝、食事、日照時間などが言われていますが、ごく若い時期に不妊去勢手術を行うことが大きく影響しているといわれています。
 特に米国内での商業繁殖家は6週齢に満たないフェレットでも不妊去勢手術を行います。これがフェレットでの副腎疾患の発症に関係することが報告されています。
 副腎疾患、インスリノーマについては別記していますので、省略します。その他のフェレットの内分泌疾患としては、糖尿病が問題となるくらいで、ほかにはあまり報告が多くありません。

糖尿病
 この疾患では、膵臓からのインスリン分泌の低下(Type I)や、インスリン耐性による反応性の低下(Type II)などがみられます。これらの状態では各種臓器においてグルコースをエネルギー利用できず、その結果血糖値が上昇します。膵臓でのインスリン分泌の低下では、炭水化物や脂肪、たんぱく質の代謝に影響を及ぼします。

症状
 糖尿病の症状としては、多飲多尿、体重の減少、不活発、沈鬱などがみられます。神経症状を疑うような症状で病院を受診する場合に最も疑われる疾患です。

原因
 フェレットでは特発的に糖尿病が見られることは稀です。膵臓の腫瘍を切除した結果として膵臓が十分機能できずにインスリンの分泌が低下して、結果的に糖尿病状態となることが多いようです。

診断
 血糖値は通常100mg/dlを大きく超え、500mg/dlを程度まで上昇することも稀ではありません。尿糖を認める音もありますが必須ではありません。肝酵素の上昇を認めることもあります。

治療
 犬猫に対する治療と大きく異なる部分はないが、フェレットに対してどのインスリンが適しているか、という明確な資料はありませんが、フェレットの体重が犬猫に比較して軽いことから、まずは投薬の容易さなどを考慮して選択されるとよいでしょう。
 症例報告などから、不適切な食餌、特に糖分に富んだ間食などを多給されて糖尿病を発症した例が知られています。米国では、人用のシリアルを常食として与えられていたフェレットに、高血糖およびそれに基づくケトアシドーシスが認められたとの報告があります。糖分に富んだ食事は組織でのインスリン耐性を生じさせるとの報告もあります。また、糖尿病と診断されたフェレットで副腎疾患を認めた例が報告されています。この例ではコルチゾール値は明らかではありませんが、他の動物種では副腎皮質機能亢進症ではインスリン耐性を起こすことも知られています。フェレットの副腎皮質機能亢進症で、高コルチゾールを認めることは稀ですが、可能性は否定できません。
 性腺刺激ホルモン放出ホルモンもインスリン耐性を生じさせることが知られています。従ってGnRH アナログの 与も糖尿病発症の危険性が少なからずあることになります。
 犬猫同様にフェレットの糖尿病でも毛とアシドーシスには注意が必要ですが、使用するインスリンの適否に関する情報は十分ではありません。静脈を確保したうえでの持続投与なども必要になってきます。


膵ポリペプチドーマ
 フェレットに多くみられるインスリノーマはランゲルハンス島細胞腫瘍(膵島細胞腫瘍)の一つでインスリン産生細胞に起因する腫瘍です。膵島細胞腫瘍にはほかに、グルカゴノーマ、ガストリノーマ、ソマトスタチノーマ、VIPオーマ、膵ポリペプチドーマなどがあります。フェレットでは膵ポリペプチドーマの報告例があります。
 消化管のホルモン研究に使用されていたフェレットで、研究中に沈鬱や下痢、血便、体重の減少などが認められ、安楽死されました。剖検により膵臓と周辺の腸間膜脂肪にに1~4mmの腫瘤が認められ、病理検査の結果、膵臓の腫瘤は膵島細胞腫瘍と診断されました。血中ホルモン値の検査では高ガストリン、高膵ポリペプチド、高インスリンが認められました。


甲状腺疾患
 甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症はフェレットでは報告されていません。アリューシャン病のフェレットで、甲状腺炎が報告されています。

甲状腺濾胞癌
 過去に1例だけ甲状腺癌の報告がありますが、詳細は不明です。学術的な裏付けのある資料ではありませんが、甲状腺濾胞癌の報告もあるようです。急激な頸部の腫大とともに呼吸抑制などの影響が生じて診断されました。

C細胞癌 
 膵島細胞腫、副腎皮質腺腫など様々な内分泌系の腫瘍と同時にC細胞癌が認められた例が報告されています。

偽性上皮小体機能低下症
 偽性上皮小体機能低下症の診断例の報告があります。症状としては沈鬱やてんかん様発作を認め、インスリノーマが疑われましたが、否定された症例でした。血中カルシウムの低下が認められ、炭酸カルシウムによる治療でも改善は見られませんでした。検査の結果上皮小体ホルモン、血中リンの上昇が認められていたことから、原発性の偽性上皮小体機能低下症と診断されたものです。
 治療はジヒドロタキステロール製剤、炭酸カルシウムの投与により行われました。


REFERENCES
1. Piecha G, Chudek J, Wiecek A (2008) Multiple endocrine neoplasia type 1. Eur J Intern Med 19: 99–103.
2. Fox JG, Goad ME, Garibaldi BA, Wiest LM, Jr. (1987) Hyperadrenocorticism in a ferret. J Am Vet Med Assoc 191: 343–344.
3. Swiderski JK, Seim HB, 3rd, MacPhail CM, Campbell TW, Johnston MS, et al. (2008) Long-term outcome of domestic ferrets treated surgically for hyperadrenocorticism:130 cases (1995–2004). J Am Vet Med Assoc 232:1338–1343.
4. Weiss CA, Scott MV (1997) Clinical aspects and surgical treatment of hyperadrenocorticism in the domestic ferret: 94 cases (1994–1996). J Am Anim Hosp Assoc 33: 487–493.
5. Marini RP, Fox JG (1998) Anesthesia, surgery, and biomethodology. In: Fox JG, ed. Biology and diseases of the ferret, 2nd ed. Philadelphia: Wiley-Blackwell, pp.449–487.
6. Paradis M, Bonneau NH, Morin M, Scott DW (1989) Hyperadrenocorticism in association with an adrenocortical adenoma in a pet ferret. Can Vet J 30: 60–62.
7. Lipman NS, Marini RP, Murphy JC, Zhibo Z, Fox JG (1993) Estradiol-17 beta-secreting adrenocortical tumor in a ferret. J Am Vet Med Assoc 203: 1552–1555.
8. Chen S (2010) Advanced diagnostic approaches and current medical management of insulinomas and adrenocortical disease in ferrets (Mustela putorius furo). Vet Clin North Am Exot Anim Pract 13: 439–452.
9. Rosenthal KL, Wyre NR (2012) Endocrine diseases. In: Quesenberry KE, Carpenter JW, eds. Ferrets, rabbits, and rodents: clinical medicine and surgery, 3rd ed. Philadelphia: Saunders, pp. 92–102.
10. Li X, Fox JG, Erdman SE, Lipman NS, Murphy JC (1996) Cystic urogenital anomalies in ferrets (Mustela putorius furo). Vet Pathol 33: 150–158.
11. Coleman GD, Chavez MA, Williams BH (1998) Cystic prostatic disease associated with adrenocortical lesions in the ferret (Mustela putorius furo). Vet Pathol 35: 547–549.
12. Rosenthal KL, Peterson ME (1996) Stranguria in a castrated male ferret. J Am Vet Med Assoc 209: 62–63; discussion 63–64.
13. Cunha GR, Cooke PS, Kurita T (2004) Role of stromalepithelial interactions in hormonal responses. Arch Histol Cytol 67: 417–434.
14. Foster RA, Ladds PW (2007) Male genital system. In: Maxie MG, ed. Pathology of domestic animals, 5th ed. Philadelphia: Saunders, pp. 606–609.
15. Mor N, Qualls CW, Jr., Hoover JP (1992) Concurrent mammary gland hyperplasia and adrenocortical carcinoma in a domestic ferret. J Am Vet Med Assoc 201:1911–1912.
16. Miwa Y, Matsunaga S, Uetsuka K, Nakayama H, Tanaka T, et al. (2006) Mammary duct ectasia associated with adrenocortical carcinoma in a ferret. J Jpn Vet Med Assoc 59: 397–399.
17. Smith M, Schulman FY (2007) Subcutaneous neoplasms of the ventral abdomen with features of adrenocortical tumors in two ferrets. Vet Pathol 44: 951–955.
18. Patterson MM, Rogers AB, Schrenzel MD, Marini RP, Fox JG (2003) Alopecia attributed to neoplastic ovarian tissue in two ferrets. Comp Med 53: 213–217.
19. Rosenthal KL, Peterson ME (1996) Evaluation of plasma androgen and estrogen concentrations in ferrets with hyperadrenocorticism. J Am Vet Med Assoc 209:1097–1102.
20. Schoemaker NJ, Kuijten AM, Galac S (2008) Luteinizing hormone-dependent Cushing’s syndrome in a pet ferret (Mustela putorius furo). Domest Anim Endocrinol 34: 278–283.
21. Kuijten AM, Schoemaker NJ, Voorhout G (2007) Ultrasonographic visualization of the adrenal glands of healthy ferrets and ferrets with hyperadrenocorticism. J Am Anim Hosp Assoc 43: 78–84.
22. Garibaldi BA, Pecquet Goad ME, Fox JG, Sylvina TJ, Murray R (1988) Serum cortisol radioimmunoassay values in the normal ferret and response to ACTH stimulation and dexamethasone suppression tests. Lab Anim Sci 38: 452–454.
23. Rosenthal KL, Peterson ME, Quesenberry KE, Lothrop CD, Jr. (1993) Evaluation of plasma cortisol and corticosterone responses to synthetic adrenocorticotropic hormone administration in ferrets. Am J Vet Res 54: 29–31.
24. Schoemaker NJ, van der Hage MH, Flik G, Lumeij JT, Rijnberk A (2004) Morphology of the pituitary gland in ferrets (Mustela putorius furo) with hyperadrenocorticism. J Comp Pathol 130: 255–265.
25. Schoemaker NJ, Mol JA, Lumeij JT, Rijnberk A (2002) I plasma concentrations of adrenocorticotrophic hormone and alpha-melanocyte-stimulating hormone in ferrets (Mustela putorius furo) with hyperadrenocorticism. Am J Vet Res 63: 1395–1399.
26. Schoemaker NJ, Schuurmans M, Moorman H, Lumeij JT (2000) Correlation between age at neutering and age at onset of hyperadrenocorticism in ferrets. J Am Vet Med Assoc 216: 195–197.
27. Beuschlein F, Galac S, Wilson DB (2012) Animal models of adrenocortical tumorigenesis. Mol Cell Endocrinol 351: 78–86.
28. Bielinska M, Kiiveri S, Parviainen H, Mannisto S, Heikinheimo M, et al. (2006) Gonadectomy-induced adrenocortical neoplasia in the domestic ferret (Mustela putorius furo) and laboratory mouse. Vet Pathol 43:97–117.
29. 35. Schoemaker NJ, Teerds KJ, Mol JA, Lumeij JT, Thijssen JH, et al. (2002) The role of luteinizing hormone in the pathogenesis of hyperadrenocorticism in neutered ferrets. Mol Cell Endocrinol 197: 117–125.
30. Bakker J, Baum MJ (2000) Effect of gonadal steroids on pituitary LH secretion and mediobasal hypothalamic GnRH mRNA in ferrets. J Reprod Fertil 119: 315–321.
31. Ryan KD, Siegel SF, Robinson SL (1985) Influence of day length and endocrine status on luteinizing hormone secretion in intact and ovariectomized adult ferrets. Biol Reprod 33: 690–697.
32. Donovan BT, ter Haar MB (1977) Effects of luteinizing hormone releasing hormone on plasma folliclestimulating hormone and luteinizing hormone levels in the ferret. J Endocrinol 73: 37–52.
33. Fekete E, Woolley G, Little CC (1941) Histological changes following ovariectomy in mice: I. DBA high tumor strain. J Exp Med 74: 1–8.
34. Sharawy MM, Liebelt AG, Dirksen TR, Penney DP (1980) Fine structural study of postcastrational adrenocortical carcinomas in female CE-mice. Anat Rec 198: 125–133.
35. Bielinska M, Parviainen H, Porter-Tinge SB, Kiiveri S, Genova E, et al. (2003) Mouse strain susceptibility to gonadectomy-induced adrenocortical tumor formation correlates with the expression of GATA-4 and luteinizing hormone receptor. Endocrinology 144: 4123–4133.
36. Peterson RA, 2nd, Kiupel M, Bielinska M, Kiiveri S, Heikinheimo M, et al. (2004) Transcription factor GATA-4 is a marker of anaplasia in adrenocortical neoplasms of the domestic ferret (Mustela putorius furo). et Pathol 41: 446–449.
37. Wagner S, Kiupel M, Peterson RA, 2nd, Heikinheimo M, Wilson DB (2008) Cytochrome b5 expression in gonadectomy-induced adrenocortical neoplasms of the domestic ferret (Mustela putorius furo). Vet Pathol 45: 439–442.
38. Bielinska M, Parviainen H, Kiiveri S, Heikinheimo M, Wilson DB (2009) Review paper: origin and molecular pathology of adrenocortical neoplasms. Vet Pathol 46: 194–210.
39. Schoemaker NJ, Mol JA, Lumeij JT, Thijssen JH, Rijnberk A (2003) Effects of anaesthesia and manual restraint on the plasma concentrations of pituitary and adrenocortical hormones in ferrets. Vet Rec 152: 591–595.
40. Feldman EC, Mack RE (1992) Urine cortisol : creatinine ratio as a screening test for hyperadrenocorticism in dogs. J Am Vet Med Assoc 200: 1637–1641.
41. Schoemaker NJ, Wolfswinkel J, Mol JA, Voorhout G, Kik MJ, et al. (2004) Urinary glucocorticoid excretion in the diagnosis of hyperadrenocorticism in ferrets. Domest Anim Endocrinol 27: 13–24.
42. Bradley AJ, Stoddart DM (1992) Seasonal changes in plasma androgens, glucocorticoids and glucocorticoidbinding proteins in the marsupial sugar glider Petaurus breviceps. J Endocrinol 132: 21–31.
43. Protain HJ, Kutzler MA, Valentine BA (2009) Assessment of cytologic evaluation of preputial epithelial cells as a diagnostic test for detection of adrenocortical disease in castrated ferrets. Am J Vet Res 70:619–623.
44. Quesenberry KE, Rosenthal KL (2004) Endocrine diseases. In: Quesenberry KE, Carpenter JW, eds. Ferrets, rabbits, and rodents: clinical medicine and surgery, 2nd ed. Philadelphia: Saunders, pp. 79–90.
45. Carpenter JW (2004) Ferrets. In: Carpenter JW, ed. Exotic animal formulary, 3rd ed. Philadelphia: W.B.
46. Saunders, pp. 458–463.
47. Pollock CG (2004) Urogenital diseases. In: Quesenberry KE, Carpenter JW, eds. Ferrets, rabbits, and rodents: clinical medicine and surgery, 2nd ed. Philadelphia: Saunders, pp. 41–49.
48. Williams BH, Weiss CA (2004) Neoplasia. In: Quesenberry KE, Carpenter JW, eds. Ferrets, rabbits, and rodents: clinical medicine and surgery, 2nd ed. Philadelphia: unders, pp. 91–106.
49. Lumeij JT, van der Hage MH, Dorrestein GM, van Sluijs FJ (1987) Hypoglycaemia due to a functional pancreatic islet cell tumour (insulinoma) in a ferret (Mustela putorius furo). Vet Rec 120: 129–130.
50. Lewington JH (2007) Endocrine diseases. In: Lewington JH, ed. Ferret husbandry, medicine, and surgery, 2nd ed. Philadelphia: Saunders, p. 364.
51. Brown S (2001) Rethinking the ferret diet. http://www.veterinarypartner.com (accessed December 4,2013).
52. Ehrhart N, Withrow SJ, Ehrhart EJ, Wimsatt JH (1996) Pancreatic beta cell tumor in ferrets: 20 cases (1986–1994). J Am Vet Med Assoc 209: 1737–1740.
53. Caplan ER, Peterson ME, Mullen HS, Quesenberry KE, Rosenthal KL, et al. (1996) Diagnosis and treatment of insulin-secreting pancreatic islet cell tumors in ferrets: 57 cases (1986–1994). J Am Vet Med Assoc 209: 1741–1745.
54. Fix AS, Harms CA (1990) Immunocytochemistry of pancreatic endocrine tumors in three domestic ferrets (Mustela putorius furo). Vet Pathol 27: 199–201. 91. Andrews GA, Myers NC, 3rd, Chard-Bergstrom C (1997) Immunohistochemistry of pancreatic islet cell tumors in the ferret (Mustela putorius furo). Vet Pathol 4: 387–393.
55. Marini RP, Ryden EB, Rosenblad WD, Murphy JC, Fox JG (1993) Functional islet cell tumor in six ferrets. J Am Vet Med Assoc 202: 430–433.
56. Weiss CA, Williams BH, Scott MV (1998) Insulinomain the ferret: clinical findings and treatment comparison of 66 cases. J Am Anim Hosp Assoc 34: 471–475.
57. Luttgen PJ, Storts RW, Rogers KS, Morton LD (1986) Insulinoma in a ferret. J Am Vet Med Assoc 189: 920–921.
58. Elie MS, Zerbe CA (1995) Insulinoma in dogs, cats and ferrets. Compend Contin Educ Pract Vet 17: 51–59.
59. Chen S (2008) Pancreatic endocrinopathies in ferrets. Vet Clin North Am Exot Anim Pract 11: 107–123, vii.
60. Arap A, Siqueira SR, Silva CB, Teixeira MJ, Siqueira JT (2010) Trigeminal pain and quantitative sensory testing in painful peripheral diabetic neuropathy. Arch Oral Biol 55: 486–493.
61. Shinkai RS, Hatch JP, Cornell JE, Yeh CK (2004) Intraoral tactile sensitivity in adults with diabetes. Diabetes Care 27: 869–873.
62. Whipple AO (1938) The surgical therapy of hyperinsulinism. J Int Chir 3: 237–276.
63. Mann FA, Stockham SL, Freeman MB, Wagner-Mann C, Besch-Williford CL, et al. (1993) Reference intervals for insulin concentrations and insulin : glucose ratios in the serum of ferrets. J Small Exot Anim Med 2: 79–83.
64. Wheeler J, Bennett RA (1999) Ferret abdominal surgical procedures: Part I. Adrenal gland and pancreatic beta-cell tumors. Compend Contin Educ Pract Vet 21: 815–822.
65. Fossum TW (2007) Surgery of the endocrine system. In: Fossum TW, ed. Small animal surgery, 3rd ed. St. Louis, MO: Mosby Co., pp. 590–598.
66. Jergens AE, Shaw DP (1989) Hyperinsulinism and hypoglycemia associated with pancreatic islet cell tumor in a ferret. J Am Vet Med Assoc 194: 269–271.
67. Baxter JD, Forsham PH (1972) Tissue effects of glucocorticoids. Am J Med 53: 573–589.
68. Meleo K, Caplan E (2000) Treatment of insulinoma in the dog, cat, and ferret. In: Bonagra J, ed. Kirk’s current veterinary therapy: XIII small animal practice. Philadelphia: Saunders, pp. 357–361.
69. Paul AE, Shiel RE, Juvet F, Mooney CT, Mansfield CS (2011) Effect of hematocrit on accuracy of two pointof- care glucometers for use in dogs. Am J Vet Res 72: 1204–1208.
70. Dobromylskyj MJ, Sparkes AH (2010) Assessing portable blood glucose meters for clinical use in cats in the United Kingdom. Vet Rec 167: 438–442.
71. Johnson BM, Fry MM, Flatland B, Kirk CA (2009) Comparison of a human portable blood glucose meter, veterinary portable blood glucose meter, and automated chemistry analyzer for measurement of blood glucose concentrations in dogs. J Am Vet Med Assoc 235: 1309–1313.
72. Petritz OA, Antinoff N, Chen S, Kass PH, Paul-Murphy JR (2013) Evaluation of portable blood glucose meters for measurement of blood glucose concentration in ferrets (Mustela putorius furo). J Am Vet Med Assoc 242: 350–354.
73. Benoit-Biancamano MO, Morin M, Langlois I (2005) Histopathologic lesions of diabetes mellitus in a domestic ferret. Can Vet J 46: 895–897.
74. Boari A, Papa V, Di Silverio F, Aste G, Olivero D, et al. (2010) Type 1 diabetes mellitus and hyperadrenocorticism in a ferret. Vet Res Commun 34(Suppl. 1): S107–S110.
75. Phair KA, Carpenter JW, Schermerhorn T, Ganta CK, DeBey BM (2011) Diabetic ketoacidosis with concurrent pancreatitis, pancreatic beta islet cell tumor, and adrenal disease in an obese ferret (Mustela putorius furo). J Am Assoc Lab Anim Sci 50: 531–535.
76. Hillyer E (1992) Ferret endocrinology. In: Kirk RW, Bonagra JD, eds. Current veterinary therapy XI: small animal practice. Philadelphia: W.B. Saunders, pp. 1185–1188.
77. Hess L (2012) Insulin glargine treatment of a ferret with diabetes mellitus. J Am Vet Med Assoc 241: 1490–1494.
78. Salmeron J, Ascherio A, Rimm EB, Colditz GA, Spiegelman D, et al. (1997) Dietary fiber, glycemic load, and risk of NIDDM in men. Diabetes Care 20: 545–550.
79. Salmeron J, Manson JE, Stampfer MJ, Colditz GA, Wing AL, et al. (1997) Dietary fiber, glycemic load, and risk of non-insulin-dependent diabetes mellitus in women. JAMA 277: 472–477.
80. Cefalu WT (2006) Animal models of type 2 diabetes: clinical presentation and pathophysiological relevance to the human condition. ILAR J 47: 186–198.
81. Paulsson JF, Benoit-Biancamano MO, Schaffer L, Dahl K (2011) Ferret islet amyloid polypeptide (IAPP): characterization of in vitro and in vivo amyloidogenicity. Amyloid 18: 222–228.
82. Hoenig M (2002) Comparative aspects of diabetes mellitus in dogs and cats. Mol Cell Endocrinol 197:221–229.
83. Hess RS, Saunders HM, Van Winkle TJ, Ward CR (2000) Concurrent disorders in dogs with diabetes mellitus: 221 cases (1993–1998). J Am Vet Med Assoc 217: 1166–1173.
84. Hess RS, Kass PH, Shofer FS, Van Winkle TJ, Washabau RJ (1999) Evaluation of risk factors for fatal acute pancreatitis in dogs. J Am Vet Med Assoc 214: 46–51.
85. Wilding JPH, Ghatei MA, Bloom SR (1995) Hormones of the gastrointestinal tract. In: DeGroot LJ, ed. Endocrinology,2nd ed. Philadelphia: W.B. Saunders, pp. 2870–2894.
86. Thakker RV (1995) Multiple endocrine neoplasm. In: DeGroot LJ, ed. Endocrinology. Philadelphia: W.B. Saunders, pp. 2815–2831.
87. Perkins SE, Fox JG, Polidoro DA, Murphy JC, Chew P, et al. (1994) Helicobacter-associated hypergastrinemia: the ferret (Mustela putorius furo) as an animal model. Contemp Top Lab Anim Sci 33: A6.
88. Boosinger TR, Zerbe CA, Grabau JH, Pletcher JM (1988) Multihormonal pancreatic endocrine tumor in a dog with duodenal ulcers and hypertrophic gastropathy. Vet Pathol 25: 237–239.
89. Zerbe CA, Boosinger TR, Grabau JH, Pletcher JM, O’Dorisio TM, et al. (1989) Pancreatic polypeptide and insulin-secreting tumor in a dog with duodenal ulcers and hypertrophic gastritis. J Vet Intern Med 3: 178–182.
90. Fox JG, Marini RP (1998) Diseases of the endocrine system. In: Fox JG, ed. Biology and diseases of the ferret, 2nd ed. Philadelphia: Williams and Wilkins, pp. 291–306.
91. Fox JG (1998) Normal clinical and biologic parameters. In: Fox JG, ed. Biology and diseases of the ferret. Philadelphia: Williams and Wilkins, pp. 183–210.
92. Garibaldi BA, Pecquet Goad ME, Fox JG, Murray R (1988) Serum thyroxine and triiodothyronine radioim-munoassay values in the normal ferret. Lab Anim Sci 38: 455–458.
93. Carpenter JW, Finnegan MV (2003) A ferret with a midventral cervical mass. Vet Med May: 380–383.
94. Wills TB, Bohn AA, Finch NP, Harris SP, Caplazi P (2005) Thyroid follicular adenocarcinoma in a ferret. Vet Clin Pathol 34: 405–408.
95. Fox JG, Dangler CA, Snyder SB, Richard MJ, Thilsted JP (2000) C-cell carcinoma (medullary thyroid carcinoma) associated with multiple endocrine neoplasms in a ferret (Mustela putorius). Vet Pathol 37: 278–282.
96. Wilson GH, Greene CE, Greenacre CB (2003) Suspected pseudohypoparathyroidism in a domestic ferret. J Am Vet Med Assoc 222: 1093–1096, 1077.
スポンサーサイト

PageTop▲

リンパ腫

フェレット

リンパ腫

 血液リンパ系の腫瘍ではリンパ腫が非常に頻度の高い腫瘍性疾患で、すべての腫瘍の中でもインスリノーマや副腎腫瘍に次いで多くみられます。実験的に水平感染の可能性が指摘されていて、このことからこの疾患の一部にレトロウイルスの感染が関係していることが疑われていますが、現在まだウイルス自体は分離されていません。
フェレットではリンパ腫の分類は明確にはされていません。病理学者によって、報告書の記載内容が異なることもあり得ます。リンパ腫の分類について書かれた資料がいくつかありますが、分類の基準が異なっているため比較が困難です。
 できるだけ多くの情報に基づいてグレーディング、病期分類を行います。書籍によって食い違う部分もありますが、現状ではFERRETS RABBITS and RODENTSなどの書籍を参考とするのが好ましいでしょう。

 従来リンパ腫は二つのタイプに分けられて記載されています。ひとつは“若年性”で、おもに2-3歳以下のフェレットにみられる“リンパ芽球性”といわれる、多くの内部臓器がリンパ球の浸潤を受け、その結果臓器の腫大を生ずるものです。さらに典型的に見られるのは若いフェレットにおける呼吸困難で、これは重度に腫大した胸腺の影響によるものです。
 もう一つのタイプは“リンパ球性”と言われるもので、成人慢性型ともいわれます。3歳以上のフェレットに多くみられ、臨床症状を伴わずに抹消リンパ節の重度の腫大を見るものです。時間の経過とともに、リンパ球は種々の組織に浸潤し、進行例では臓器不全から死に至ります。二つのタイプを鑑別診断することは有用ですが、この疾患はさらに様々な病態を呈することもあるため困難な場合も少なくありません。
 リンパ腫を適切に診断するためには、生検が必須です。FNA生検を行わずに全血球計算CBCのみで診断を行うべきではありません。膝窩リンパ節は容易に切除可能で、この組織の生検は診断として最適です。超音波下でのFNA生検も一つの診断法ですが、確定診断に至らないこともあります。

ステージング
 獣医領域でもWHOのステージングを適用する場合が多いようです。猫では解剖学的な発症部位によりステージングが行われますが、フェレットでもこの方法が実用的かと思われます。
 タフツ大学でステージングは血小板数を含めたCBC、血液生化学検査、全身のレントゲン検査(2方向)、腹部超音波検査、罹患組織の生検、骨髄穿刺液の検査により行われ、現在では4つの病期に分類しています。

• Stage 1: 一つの臓器のみ罹患。
• Stage 2: 横隔膜を境として、一方の側の複数の臓器が罹患。
• Stage 3:脾臓および横隔膜の両側のリンパ節が罹患
• Stage 4: 横隔膜の両側の多数の臓器が罹患

 他の研究ではさらに重篤な状態を加えて5段階に分類している報告例もありますが、臨床的にはこの程度でも十分かと思います。

臨床症状
 フェレットのリンパ腫には、好発年齢は特に報告されていません。2か月未満での報告例もあります。 性差も報告されていません。症状も全体的な元気のなさ、食欲の低下、下痢、呼吸困難など、罹患部位により様々です。何ら症状を呈さずにリンパ節の腫大を認め、生検により診断される例もあります。
 若齢性の消化管型リンパ腫では胸腺や肝臓、脾臓などへのリンパ芽球浸潤がみられることが特徴とされ、そのため呼吸抑制や貧血、肝酵素の上昇などがみられるとする報告があります。また、高齢動物のリンパ腫では高分化リンパ球が末梢リンパ節に重度に分布し、末梢リンパ節の重度の腫大を生じるとする報告もあります。このような場合でも臨床症状は呈さず、他の部位への転移が見られない場合も多く、切除することで治癒可能な例もあるようです。いずれにしても報告例は少なく、さらに検証が必要と思われます。
 血液学的な変化も罹患部位によって異なり、貧血を認める例が多いですが、末梢血中に異形リンパ球を認めることは稀とされています。犬猫に見られるような高カルシウム血症が見られることも稀です。

臨床検査結果
 最も多くみられる血液学的変化は貧血です。フェレットのリンパ腫で報告された貧血はすべて非再生性貧血でした。リンパ球増多や血小板減少はほとんどみられません。このためCBCのみでの診断は困難です。重度のリンパ球の増多が見られたとしても、それだけでリンパ腫と診断はできません。

画像診断
 画像診断もそれだけで診断可能な診断法ではありません。しかし、各種臓器の腫大の確認、縦隔の腫瘤の有無の確認、リンパ節の腫大、胸水の存在などは一般レントゲン検査でも確認できます。
 超音波診断では腹部リンパ節の腫大の有無を確認できることがあります。フェレットの消化器型のリンパ腫ではほぼすべての症例で腸間膜リンパ節の腫大を認めると考えてよいでしょう。しかし、超音波診断で腸管膜リンパ節の腫大が認められなくても、リンパ腫が否定されることにはなりません。またリンパ腫以外の疾患でも腸管膜リンパ節の腫大が認められることはありますので、リンパ腫の確定にはなりません。

組織病理学的検査
 リンパ腫の確定診断には病理検査が必須となりますが、フェレットの病理は犬猫とは異なるために、フェレットの病理に長けた病理学者に診断を依頼する必要があります。腫大したリンパ節の吸引生検はリンパ腫の診断に有効ですが、誤判定がしばしば起こり得ます。
 消化管の慢性的な炎症によって生ずる消化管周囲のリンパ節の変化は、リンパ腫との鑑別が難しいようです。これに対して、末梢に近いリンパ節では局所の慢性的な炎症の影響を受けにくいようです。リンパ節の生検はこれらのリンパ節で行うとよいでしょう。
 リンパ腫の細胞学的特徴は均一なリンパ球の集簇および末梢血成分の欠乏とされます。白血病が疑われる場合には骨髄穿刺による採材が推奨されます。白血病では骨髄には細胞が均一に多く集積し、通常は認められる脂肪などの組織はごくわずかしか認められません。
 脾臓の腫大が見られる場合には、穿刺吸引により生検を行うことが勧められます。このような例の多くに髄外造血がみられます。脾臓の吸引材料に赤血球前駆細胞や巨核球などが見られることは、髄外造血を示唆します。

治療
 フェレットのリンパ腫のプロトコールはいくつか報告がありますが、比較検証された報告はありません。そのため効果や副作用、寛解率、生存率などに基づいて治療法を選択することはできません。それぞれのプロコールについて、個体ごとに費用や副作用、投薬の難易など、獣医師と飼い主との話し合いのもとに決定されるとよいでしょう。

化学療法
 一般には初期の誘導期と言われる期間に、多種の薬剤を同時に用いて最大の効果が得られるように投与します。これはおそよ4週間の間に行われますが、この期間に主に副作用が認められます。
 次いで強化療法の期間となり、腫瘍細胞をより低減させることを目的としますが、数か月続けられることもあります。薬剤耐性が生ずる場合には新たに薬剤の変更を求められることもあります。
 その後の維持期には残存する腫瘍細胞に対する抗がん治療を行います。この時期の抗がん治療は副作用の強いものではなく、時には長期に及ぶこともあります。

 人の抗がん治療のような非常に強い副作用が動物で見られることは多くはありませんが、食欲の低下や嘔吐などの消化器症状はよく見られます。オンダンセトロンやマロピタントなどを利用するとよいでしょう。必要に応じて消化管庇護剤も利用されます。副作用として頻度の高いものは血球の減少で、二次感染を生じ、時には敗血症を起こすこともあります。フェレットの白血球数の正常値は成書によりかなり開きがありますが、犬猫に比較すると比較的低く報告されています。したがって、抗がん治療による血球数の変化には十分注意が必要で、予防的に抗菌剤を投与することも推奨されます。感染が疑われる症状が見られた場合は、入院隔離の上での投薬治療を行います。このような副作用が見られた場合は、抗がん治療のスケジュールを見直す必要もあります。複数の薬剤を投与している場合は、どの薬剤が副作用の原因となっているのか、投薬を分けることによって判断します。薬剤の特定ができた場合は、投薬量を20%ほど減量して次回の投与量とします。
 
 フェレットのリンパ腫に対する化学療法に関してはいくつかのプロトコールが報告されています。いずれも犬猫のプロトコールを参考にして行われているのもので、良好な結果を認めた報告もありますが、比較検討した学術的な資料はなく、いずれかのプロトコールが優れているという根拠は得られていません。
 犬や猫ではシクロフォスファミド、ビンクリスチン、プレドニゾン、ヒドロキシダウノルビシンなどの併用療法リンパ腫治療の主流となっています。フェレットでは、静脈留置を毎回行って投薬することが動物にとって非常にストレスフルなものとなるため、これを避けられればより好ましい治療法と考えられます。タフツ大学ではこのため、静脈内投与を必要としないプロコールを報告しています。その他種々のプロトコールが、投薬量などについては成書を参考にしてください。
 近年、人医領域では、副作用を低減した、低用量の抗がん剤を長期的に使用する治療法が実施され良好な結果を認める例も報告されています。犬ネオにも徐々に適用されていますが、フェレットにおいても十分期待できる治療法と思われます。


放射線治療
 リンパ腫は放射線治療を適応しやすい腫瘍と言われます。リンパ腫の腫瘤を縮小させる効果が非常に高いとされ、前縦隔の腫瘤により呼吸抑制を生じている場合など、急速に状態を改善させることも期待できるとされています。しかし、実際に放射線治療を実施できる施設は限定され、フェレットにおいてこの治療法を選択することは現実的ではありません。

補助療法
 腫瘍随伴症としての悪液質に陥ると、治療への効果が低減し、全体的なQOLの低下、生存率の低下を招きますので、適切な栄養補給が重要です。たんぱく質やアミノ酸の補給は免疫力を高め、回復を早める可能性があります。
高脂肪低炭水化物の飼料が腫瘍の形成を妨げ、予後を改善するとする報告もあります。またOmega-3脂肪酸は腫瘍の形成を抑制するとの報告もあります。高品質のフェレットフードは高タンパク高脂肪で、この目的に適していると言えます。

(補遺) 
 化学療法を受けたフェレットに対してワクチンを接種するべきではないとする記述もあります。この点に関するエビデンスの有無については明らかではありません。ワクチン接種によって免疫系が刺激され、悪化を生ずる可能性があると指摘しています。


REFERENCES
1. Ammersbach M, DeLay J, Caswell JL, et al. Laboratory findings,histopathology, and immunophenotype of lymphoma in domestic ferrets. Vet Pathol. 2008;45:663-673.
2. Antinoff N, Hahn KA. Ferret oncology: diseases, diagnostics,and therapeutics. Vet Clin North Am Exot Anim Pract.2004;7:579-625.
3. Erdman SE, Brown SA, Kawasaki TA, et al. Clinical and pathologic findings in ferrets with lymphoma: 60 cases (1982-1994).J Am Vet Med Assoc. 1996;208:1285-1289.
4. Erdman SE, Correa P, Coleman LA, et al. Helicobacter mustelae-associated gastric MALT lymphoma in ferrets. Am J Pathol.1997;151:273-280.
5. Erdman SE, Kanki PJ, Moore FM, et al. Clusters of lymphoma in ferrets. Cancer Invest. 1996;14:225-230.
6. Erdman SE, Moore FM, Rose R, et al. Malignant lymphoma in ferrets: clinical and pathological findings in 19 cases. J Comp Pathol. 1992;106:37-47.
7. Erdman SE, Reimann KA, Moore FM, et al. Transmission of a chronic lymphoproliferative syndrome in ferrets. Lab Invest. 1995;72:539-546.
8. Hammer AS, Williams B, Dietz HH, et al. High-throughput immunophenotyping of 43 ferret lymphomas using tissue microarray technology. Vet Pathol. 2007;44:196-203.
9. Hosoya K, Kisseberth WC, Lord LK, et al. Comparison of COAP and UW-19 protocols for dogs with multicentric lymphoma. J Vet Intern Med. 2007;21:1355-1363.
10. Li X, Fox JG, Erdman SE, et al. Cutaneous lymphoma in a ferret (Mustela putorius furo). Vet Pathol. 1995;32:55-56.
11. Li X, Fox JG, Erdman SE. Multiple splenic myelolipomas in a ferret (Mustela putorius furo). Lab Anim Sci. 1996;46:101-103.
12. Morrison WB. Lymphoma in dogs and cats. Jackson, WY: Teton NewMedia; 2005.
13. Ogilvie GK, Moore AS. Managing the veterinary cancer patient: a practice manual. Trenton, NJ: Veterinary Learning Systems Co;1995.
14. Onuma M, Kondo H, Ono S, et al. Cytomorphological and immunohistochemical features of lymphoma in ferrets. J Vet Med Sci. 2008;70:893-898.
15. Paul-Murphy J, O’Brien RT, Spaeth A, et al. Ultrasonography and fine needle aspirate cytology of the mesenteric lymph node in normal domestic ferrets (Mustela putorius furo). Vet Radiol Ultrasound. 1999;40:308-310.
16. Rassnick KM, Gould 3rd WJ, Flanders JA. Use of a vascular access system for administration of chemotherapeutic agents to a ferret with lymphoma. J Am Vet Med Assoc. 1995;206:500-504.
17. Rassnick KM, McEntee MC, Erb HN, et al. Comparison of 3 protocols for treatment after induction of remission in dogs with lymphoma. J Vet Intern Med. 2007;21:1364-1373.
18. Rosenbaum MR, Affolter VK, Usborne AL, et al. Cutaneous epitheliotropic lymphoma in a ferret. J Am Vet Med Assoc. 1996;209:1441-1444.
19. Taylor TG, Carpenter JL. Thymoma in two ferrets. Lab Anim Sci. 1995;45:363-365.
20. Williams BH, Weiss CA. Neoplasia. In: Quesenberry KE, Carpenter JW, eds. Ferrets, rabbits, and rodents: clinical medicine and surgery. 2nd ed. Philadelphia: WB Saunders; 2004:91-106.

PageTop▲

腫瘍性疾患

フェレット

腫瘍性疾患

 現在飼育されているフェレットでは腫瘍性疾患が非常に多く、特に内分泌系の腫瘍が多くみられます。特に日本では米国より輸入されるフェレットが多く、この系統では副腎腫瘍、膵島細胞腫、リンパ腫が多くみられます。
 フェレットの腫瘍は、臨床的挙動や予後、腫瘍随伴症状などは犬猫とは異なります。犬猫のインスリノーマは転移を起こすことが多いのに比べて、フェレットではほとんど転移は起こらず、良性に経過します。副腎腫瘍でも犬では転移を起こしますが、フェレットでは転移は稀です。フェレットにも肥満細胞腫がみられますが、犬では悪性度が高く死に至る例も少なくありませんが、フェレットでは良性で予後も良好です。
 内分泌系腫瘍は副腎腫瘍及びインスリノーマが多く、別記していますので省略します。
 リンパ腫も好発疾患ですので、別にまとめたいと思います。

皮膚および皮下組織の腫瘍

 フェレットには皮膚および皮下組織の腫瘍はよくみられますが、比較的良性です。
 この部位では皮脂腺腫、脂腺上皮腫が最もよくみられます。イボ状に大きく成長し、自壊してひどい外観を呈することもありますが、多くは良性です。外科的な切除を行うことができれば、予後は良好です。高齢であったり、健康状態などのりゆうから全身麻酔を控えたい場合には、凍結手術、また自壊した腫瘤にはモーズペーストなどで除去できる例もあります。
 肥満細胞腫も比較的よくみられる腫瘍です。犬や猫の肥満細胞腫と異なり、フェレットの肥満細胞腫は良性で予後は良好です。悪性の肥満細胞腫の報告はなく、浸潤することは稀なため、切除は容易です。しかし、複数の腫瘤を形成し、再発を生ずることもあるため、再度の切除術が必要となることも少なくありません。このような状態でも、転移や悪性化を意味するものではなく、良性で予後は良好です。
 アポクリン腺癌も比較的よくみられる腫瘍とされています。この腫瘍は比較的悪性度が高く、臭腺の多く存在する頭部や頸部、陰部付近に好発します。局所での浸潤度が高く、近接リンパ節への転移を起こし、時には肺転移も見られます。外科切除に際しては、転移を考慮して十分マージンを取って行います。術後の放射性治療は有効と考えられますが、高額な費用に加え、動物のサイズが小さいこと、毎回の照射に際して全身麻酔が必要となることなどを考えると実際的ではありません。転移を抑制するためには化学療法も選択されます。
 血管腫瘍も稀にみられます。悪性度は様々ですが、外科的に切除することで予後は良好なようです。
 平滑筋肉腫などもしばしばみられます。ワクチン接種に関連して皮下線維肉腫も報告がありますが、猫と異なり悪性度は低いとされています。いずれの皮下腫瘍も悪性度は低く、転移を起こすこともまれとされています。十分なマージンをもって切除を行うことで予後は良好とされます。
 乳腺腫瘍もフェレットでは稀な腫瘍です。報告例はありますが良性腫瘍で、過形成の例も報告されています。
 他に、脂肪腫、乳頭腫、皮脂腺腫などが報告されていますが、いずれも良性腫瘍です。平滑筋肉腫などの悪性腫瘍も報告例はありますが、稀です。
 フェレットの多くの皮膚腫瘍は良性であり、早期に外科的に切除すれば予後は良好です。良性ではありますが、術後の追加治療の必要性を検討するために、病理検査は行ったほうが良いでしょう。

消化器系腫瘍

 フェレットでは消化器系の腫瘍はよくみられます。
 肝臓は副腎腺癌などの悪性腫瘍の転移が起こることが多く、原発性の腫瘍も認められます。胆管腺腫・腺癌、胆管癌、肝細胞癌などの報告例があります。肝臓の新生物では、罹患動物は食欲の低下、衰弱などの明らかな全身状態の悪化傾向が見られ、触診によって前腹部に腫瘤を触知できることもあります。レントゲン検査、超音波検査でも腫瘤が確認できます。
 胆管腺腫は胆管系の腫瘍として最も多く報告されている腫瘍です。胆管腺腫は悪性度が高いため胆管嚢胞との鑑別が必要です。鑑別は臨床症状の有無や、血液肝酵素の異常、触診や画像診断による拡大傾向のある腹部の腫瘤の確認などにより行われます。肝細胞癌や胆管癌では肝臓に傷害を生じて肝酵素値が上昇し、肝不全にまで至ることもあります。
肝臓の腫瘍は超音波ガイド下で穿刺生検が可能ですが、全身麻酔下での実施が必要です。フェレットの肝臓腫瘍は悪性度が強いため、肝臓に腫瘍が認められた場合は肝葉切除術が推奨されます。複数の肝葉に腫瘤が及んでいる場合は非常に予後が悪いとされていますが、部分切除や化学療法を併用することで、数か月程度の延命は可能であった報告例もあります。
 消化管に最も多くみられる腫瘍は悪性リンパ腫です。小腸に最も多く、次いで胃、肝臓、結腸、口腔などとなります。消化管のリンパ節は消化吸収に影響することも加わり、予後不良です。確定診断には消化管の生検が必要なため、実際に診断されていない例も多く、報告されているよりもはるかに発症例は多いものと思われます。
 消化器の腫瘍は腫大硬結することが多いため、その結果として閉塞を生じます。また、消化管の原発性腫瘍は悪性度が強く、侵襲性も高いために局所では周囲への浸潤、リンパ節転移を生じやすい特徴があります。そのため触診、レントゲン検査、超音波診断などによって、診断は比較的容易です。転移が見られない場合には腫瘤の切除を行いますが、そのような場合でも予後は良くありません。それらの特徴を踏まえて、治療方針は検討されるべきかと思います。
 口腔内の腫瘍を見ることもあります。平滑筋肉腫が最も多く報告されていますが、悪性度が高く、顎骨への浸潤を起こすことも多く、予後は不良とされます。ごく早期であれば外科的な切除を考慮することもできますが、放射線治療や化学療法が必要となります。その他にも口腔内の悪性腫瘍の報告がありますが、いずれも予後不良とされています。

生殖器系腫瘍

 現在飼育されているフェレットの多くは、若齢期に赴任去勢手術を施されており、生殖器が残されていることは多くはありません。そのため臨床獣医師が生殖器系の腫瘍に遭遇する機会は少ないものと思われます。罹患部位により症状は様々だが、通常は外科的な切除により予後は良好です。
 不妊手術が行われている雌のフェレットで、発情徴候が見られる場合は、卵巣遺残や副腎腫瘍が最も疑われますが、稀に生殖器系腫瘍の場合も考えられます。
 子宮腫瘍の多くは平滑筋腫瘍で、フェレットでは悪性腫瘍である例が多いようです。しかし、転移例の報告は稀で、外科的に切除することで予後は良好とされています。子宮への副腎腺癌の転移例の報告もあります。
 卵巣の腫瘍は臨床的に遭遇することはほとんどないものと思われますが、 顆粒膜細胞腫、奇形腫、ライディヒ細胞腫、性索間質性腫瘍などが報告されています。転移を生じた例も報告されています。
 停留睾丸を起こしていた場合には腫瘍化することが考えられます。購入時に去勢されていても発情行動や攻撃性、強い体臭などがみられるようであれば、腹腔内に停留睾丸が残されたままの場合も考えられます。

筋骨格系腫瘍

 骨格系腫瘍はしばしば臨床的にみられますが、筋肉の腫瘍は非常にまれです。
 筋骨格系の腫瘍では脊索腫が最も高頻度にみられる腫瘍で、多くは尾端に円形の腫瘤として見られるものです。局所では急激に増生する例が多いですが、悪性度は低く切除をすれば予後は良好です。稀に転移、再発例も知られており、転移を生ずる例での予後は悪いとされています。
 骨腫もフェレットで報告されていますが、骨肉腫の報告例はほとんどありません。治療としては罹患部位のマージンも含めた広範な切除、または断脚も考慮されます。フェレットでは十分な資料がないため、予後については明らかではありませんが、海外の獣医師は、犬に比較すれば予後は悪くないのではないかとの印象を持っているようです。
 骨格筋の腫瘍は極めてまれとされますが、横紋筋肉腫の報告例があります。
 
神経系腫瘍

 フェレットの神経系の腫瘍は非常にまれとされています。
 神経症状を呈している場合、中枢神経系の腫瘍が鑑別疾患として考えられることは非常にまれです。神経症状の原因としては、インスリノーマによる低血糖発作が最も考えうる原因です。
 中枢神経系腫瘍の症状は罹患部位により様々で、側方徴候、運動失調、けいれん発作などがみられます。他の疾患の除外診断により神経系の腫瘍を疑診したのちに、画像診断などにより確定します。中枢神経系の有効な治療についての既報はありません。
 フェレットにみられる中枢神経系腫瘍としてはリンパ腫が最も多く報告されています。原発性の頭蓋内腫瘍としては、星状細胞腫、顆粒細胞腫、髄膜腫、神経芽細胞腫などの報告例があります。頭蓋内腫瘍の診断は、CTやMRIを用いて行うことができます。
 末梢神経系の腫瘍は比較的皮膚や皮下組織に多く、中枢神経系腫瘍に比べれば治療しやすく、悪性度は様々ですが予後が良いものもあります。末梢神経系の腫瘍で皮膚および皮下組織に認められるものは、線維肉腫や平滑筋肉腫などとの鑑別が必要です。

泌尿器系腫瘍

 フェレットでは泌尿器系の腫瘍は極めてまれとされます。移行上皮癌の報告例が多く、腎臓や暴行に多く見られます。 腎臓では転移例の報告はなく、片側の腎摘出術で予後は良好なようです。これに対して膀胱の移行上皮癌は悪性度が高く予後不良です。
 副腎疾患に関連して前立腺の肥大を見る場合も多いですが、これは新生物であることは稀です。
泌尿器系腫瘍で尿管、尿道に影響する場合には、排尿困難、乏尿、無尿、結晶尿などがみられます。尿検査、尿道のレントゲン造影検査などで泌尿器系腫瘍が疑われた場合は、組織の生検によって確定診断をします。
 治療は外科切除が基本となりますが、困難な場合は内科的に治療します。化学療法については、他の動物種での使用例から参考に行われますが、明確な投与量や効果については情報がありません。

呼吸器系腫瘍

 肺に認められる腫瘍の多くは転移によるものですが、原発例も報告があります。
 転移例では肺水腫や胸水を呈することが多く、画像診断に影響します。また、これらの影響から呼吸状態が悪化し、画像診断に際しては、患畜の管理に非常に注意が必要となります。
 治療としては原発の腫瘍に対する化学療法が主となり、ほとんど外科的には行われません。

血管系腫瘍

 血管腫、血管肉腫の報告があります。皮膚や皮下組織、肝臓、脾臓、膵臓、リンパ腫などでの発生例がありますが、比較的皮膚・皮下組織に多いようです。
 悪性腫瘍も見られますが、皮膚や皮下組織の腫瘍は悪性度は低く転移例も報告はないことから、外科的に切除することができれば、通常予後は良好です。これに対して内蔵型では、腫瘤が急性に拡大して時には破裂して出血するなど、予後は悪いとされています。内蔵型の血管腫、血管肉腫では、外科的に切除することが勧められますが、複数個所への転移が見られる場合になどには、安楽死が勧められることもあります。


References
1. Ammersbach M, DeLay J, Caswell JL, et al. Laboratory findings, histopathology, and immunophenotype of lymphoma in domestic ferrets. Vet Pathol. 2008;45:663-673.
2. Antinoff N, Hahn KA. Ferret oncology: diseases, diagnostics, and therapeutics. Vet Clin North Am Exot Anim Pract. 2004;7:579-625.
3. Batchelder MA, Erdman SE, Li X, et al. A cluster of cases of juvenile mediastinal lymphoma in a ferret colony. Lab Anim Sci. 1996;46:271-274.
4. Beach JE, Greenwood B. Spontaneous neoplasia in the ferret (Mustela putorius furo). J Comp Pathol. 1993;108:133-147.
5. Bell RC, Moeller RB. Transitional cell carcinoma of the renal pelvis in a ferret. Lab Anim Sci. 1990;40:537-538.
6. Besso J, Tidwell A, Gliatto J. Retrospective review of the ultrasonographic features of adrenal lesions in 21 ferrets. Vet Radiol Ultrasound. 2000;41:345-352.
7. Bielinska M, Parviainen H, Kiiveri S. Review paper: origin and molecular pathology of adrenocortical neoplasms. Vet Pathol. 2009;46:194-210.
8. Brown SA. Neoplasia. In: Quesenberry KE, Hillyer E, eds. Ferrets, rabbits, and rodents: clinical medicine and surgery. Philadelphia: WB Saunders; 1997:98-114.
9. Caplan ER, Peterson ME, Mullen HS, et al. Diagnosis and treatment of insulin-secreting pancreatic islet cell tumors in ferrets: 57 cases (1986-1994). J Am Vet Med Assoc. 1996;209:1741-1745.
10. Carpenter JW, Finnegan MV. A ferret with a midventral cervical mass. Vet Med. 2003;98:380-383.
11. Cross BM. Hepatic vascular neoplasms in a colony of ferrets. Vet Pathol. 1987;24:94-96.
12. Darby C, Ntavlourou V. Hepatic hemangiosarcoma in two ferrets (Mustela putorius furo). Vet Clin North Am Exot Anim Pract. 2006;9:689-694.
13. Desmarchelier M, Lair S, Dunn M, et al. Primary hyperaldosteronism in a domestic ferret with an adrenocortical adenoma. J Am Vet Med Assoc. 2008;233:1297-1301.
14. Dillberger JE, Altman NH. Neoplasia in ferrets: eleven cases with a review. J Comp Pathol. 1989;100:161-176.
15. Dunn DG, Harris RK, Meis JM, et al. A histomorphologic and immunohistochemical study of chordoma in twenty ferrets (Mustela putorius furo). Vet Pathol. 1991;28:467-473.
16. Erdman SE, Brown SA, Kawasaki TA, et al. Clinical and pathologic findings in ferrets with lymphoma: 60 cases (1982-1994). J Am Vet Med Assoc. 1996;208:1285-1289.
17. Erdman SE, Correa P, Coleman LA, et al. Helicobacter mustelae- associated gastric MALT lymphoma in ferrets. Am J Pathol. 1997;151:273-280.
18. Erdman SE, Kanki PJ, Moore FM, et al. Clusters of lymphoma in ferrets. Cancer Invest. 1996;14:225-230.
19. Erdman SE, Moore FM, Rose R, et al. Malignant lymphoma in ferrets: clinical and pathological findings in 19 cases. J Comp Pathol. 1992;106:37-47.
20. Erdman SE, Reimann KA, Moore FM, et al. Transmission of a chronic lymphoproliferative syndrome in ferrets. Lab Invest. 1995;72:539-546.
21. Fox JG, Dangler CA, Sager W, et al. Helicobacter mustelaeassociated gastric adenocarcinoma in ferrets (Mustela putorius furo). Vet Pathol. 1997;34:225-229.
22. Fox JG, Dangler CA, Snyder SB, et al. C-cell carcinoma (medullary thyroid carcinoma) associated with multiple endocrine neoplasms in a ferret (Mustela putorius). Vet Pathol. 2000;37:278-282.
23. Fox JG, Wishnok JS, Murphy JC, et al. MNNG-induced gastric carcinoma in ferrets infected with Helicobacter mustelae. Carcinogenesis. 1993;14:1957-1961.
24. Gliatto JM, Alroy J, Schelling SH, et al. A light microscopical, ultrastructural and immunohistochemical study of spindle-cell adrenocortical tumours of ferret. J Comp Pathol. 1995;113:175-183.
25. Graham J, Fidel J, Mison M. Rostral maxillectomy and radiation therapy to manage squamous cell carcinoma in a ferret. Vet Clin North Am Exot Anim Pract. 2006;9:701-706.
26. Hamilton TA, Morrison WB. Bleomycin chemotherapy for metastatic squamous cell carcinoma in a ferret. J Am Vet Med Assoc. 1991;198:107-108.
27. Hammer AS, Williams B, Dietz HH, et al. High-throughput immunophenotyping of 43 ferret lymphomas using tissue microarray technology. Vet Pathol. 2007;44:196-203.
28. Hanley CS, Wilson GH, Frank P, et al. T cell lymphoma in the lumbar spine of a domestic ferret (Mustela putorius furo). Vet Rec. 2004;155:329-332.
29. Hoefer HL, Patnaik AK, Lewis AD. Pancreatic adenocarcinoma with metastasis in two ferrets. J Am Vet Med Assoc. 1992;201:466-467.
30. Hosoya K, Kisseberth WC, Lord LK, et al. Comparison of COAP and UW-19 protocols for dogs with multicentric lymphoma. J Vet Intern Med. 2007;21:1355-1363.
31. Hutson CA, Kopit MJ, Walder EJ. Combination doxorubicin and orthovoltage radiation therapy, single-agent doxorubicin, and high-dose vincristine for salvage therapy of ferret lymphosarcoma. J Am Anim Hosp Assoc. 1992;28:365-368.
32. Kawaguchi H, Miyoshi N, Souda M, et al. Renal adenocarcinoma in a ferret. Vet Pathol. 2006;43:353-356.
33. Lee A. Helicobacter infections in laboratory animals: a model for gastric neoplasias? Ann Med. 1995;27:575-582.
34. Li X, Fox JG, Erdman SE, et al. Cutaneous lymphoma in a ferret (Mustela putorius furo). Vet Pathol. 1995;32:55-56.
35. Li X, Fox JG, Erdman SE. Multiple splenic myelolipomas in a ferret (Mustela putorius furo). Lab Anim Sci. 1996;46: 101-103.
36. Li X, Fox JG, Padrid PA. Neoplastic diseases in ferrets: 574 cases (1968-1997). J Am Vet Med Assoc. 1998;212:1402-1406.
37. Miwa Y, Kurosawa A, Ogawa H, et al. Neoplastic diseases in ferrets in Japan: a questionnaire study for 2000 to 2005. J Vet Med Sci. 2009;71:397-402.
38. Mor N, Qualls Jr CW, Hoover JP. Concurrent mammary gland hyperplasia and adrenocortical carcinoma in a domestic ferret. J Am Vet Med Assoc. 1992;201:1911-1912.
39. Morrison WB. Lymphoma in dogs and cats. Jackson, WY: Teton NewMedia; 2005.
40. Munday JS, Stedman NL, Richey LJ. Histology and immunohistochemistry of seven ferret vaccination-site fibrosarcomas. Vet Pathol. 2003;40:288-293.
41. Newman SJ, Bergman PJ, Williams B, et al. Characterization of spindle cell component of ferret (Mustela putorius furo) adrenal cortical neoplasms, correlation to clinical parameters and prognosis. Vet Comp Oncol. 2004;2:113-124.
42. Ogilvie GK, Moore AS. Managing the veterinary cancer patient: a practice manual. Trenton, NJ: Veterinary Learning Systems Co; 1995.
43. Onuma M, Kondo H, Ono S, et al. Cytomorphological and immunohistochemical features of lymphoma in ferrets. J Vet Med Sci. 2008;70:893-898.
44. Parker GA, Picut CA. Histopathologic features and post-surgical sequelae of 57 cutaneous neoplasms in ferrets (Mustela putorius furo L.). Vet Pathol. 1993;30:499-504.
45. Paul-Murphy J, O’Brien RT, Spaeth A, et al. Ultrasonography and fine needle aspirate cytology of the mesenteric lymph node in normal domestic ferrets (Mustela putorius furo). Vet Radiol Ultrasound. 1999;40:308-310.
46. Peterson 2nd RA, Kiupel M, Capen CC. Adrenal cortical carcinomas with myxoid differentiation in the domestic ferret (Mustela putorius furo). Vet Pathol. 2003;40:136-142.
47. Rassnick KM, Gould 3rd WJ, Flanders JA. Use of a vascular access system for administration of chemotherapeutic agents to a ferret with lymphoma. J Am Vet Med Assoc. 1995;206:500-504.
48. Rassnick KM, McEntee MC, Erb HN, et al. Comparison of 3 protocols for treatment after induction of remission in dogs with lymphoma. J Vet Intern Med. 2007;21:1364-1373.
49. Rickman BH, Craig LE, Goldschmidt MH. Piloleiomyosarcoma in seven ferrets. Vet Pathol. 2001;38:710-711.
50. Rosenbaum MR, Affolter VK, Usborne AL, et al. Cutaneous epitheliotropic lymphoma in a ferret. J Am Vet Med Assoc. 1996;209:1441-1444.
51. Rosenthal KL, Peterson ME. Evaluation of plasma androgen and estrogen concentrations in ferrets with hyperadrenocorticism. J Am Vet Med Assoc. 1996;209:1097-1102.
52. Schoemaker NJ, Kuijten AM, Galac S. Luteinizing hormonedependent Cushing’s syndrome in a pet ferret (Mustela putorius furo). Domest Anim Endocrinol. 2008;34:278-283.
53. Shoemaker NJ, Schuurmans M, Moorman H, et al. Correlation between age at neutering and age at onset of hyperadrenocorticism in ferrets. J Am Vet Med Assoc. 2000;216:195-197.
54. Schoemaker NJ, Teerds KJ, Mol JA, et al. The role of luteinizing hormone in the pathogenesis of hyperadrenocorticism in neutered ferrets. Mol Cell Endocrinol. 2002;197:117-125.
55. Sleeman JM, Clyde VL, Brenneman KA. Granular cell tumour in the central nervous system of a ferret (Mustela putorius furo). Vet Rec. 1996;138:65-66.
56. Smith M, Schulman FY. Subcutaneous neoplasms of the ventral abdomen with features of adrenocortical tumors in two ferrets. Vet Pathol. 2007;44:951-955.
57. Swiderski JK, Seim 3rd HB, MacPhail CM, et al. Long-term outcome of domestic ferrets treated surgically for hyperadrenocorticism: 130 cases (1995-2004). J Am Vet Med Assoc. 2008;232:1338-1343.
58. Taylor TG, Carpenter JL. Thymoma in two ferrets. Lab Anim Sci. 1995;45:363-365.
59. van Zeeland Y, Schoemaker N, Passon-Vastenburg M, et al. Vestibular syndrome due to a choroid plexus papilloma in a ferret. J Am Anim Hosp Assoc. 2009;45:97-101.
60. Wagner RA, Bailey EM, Schneider JF, et al. Leuprolide acetate treatment of adrenocortical disease in ferrets. J Am Vet Med Assoc. 2001;218:1272-1274.
61. Weiss CA, Williams BH, Scott JB, et al. Surgical treatment and long-term outcome of ferrets with bilateral adrenal tumors or adrenal hyperplasia: 6 cases (1994-1997). J Am Vet Med Assoc. 1999;215:820-823.
62. Weiss CA, Williams BH, Scott MV. Insulinoma in the ferret: clinical findings and treatment comparison of 66 cases. J Am Anim Hosp Assoc. 1998;34:471-475.
63. Whittington JK, Emerson JA, Satkus TM, et al. Exocrine pancreatic carcinoma and carcinomatosis with abdominal effusion containing mast cells in a ferret (Mustela putorius furo). Vet Clin North Am Exot Anim Pract. 2006;9:643-650.
64. Wilber J, Williams BH. Osteosarcoma in two domestic ferrets (Mustela putorius furo). Vet Pathol. 1997;34:486.
65. Williams BH. Therapeutics in ferrets. Vet Clin North Am Exot Anim Pract. 2000;3:131-153.
66. Williams BH, Eighmy JJ, Berbert MH, et al. Cervical chordoma in two ferrets (Mustela putorius furo). Vet Pathol. 1993;30:204-206.
67. Williams BH, Garner MM, Kawasaki TA. Peritoneal mesotheliomas in two ferrets (Mustela putorius furo). J Zoo Wildl Med. 1994;25:590-594.
68. Williams BH, Weiss CA. Neoplasia. In: Quesenberry KE, Carpenter JW, eds. Ferrets, rabbits, and rodents: clinical medicine and surgery. 2nd ed. Philadelphia: WB Saunders; 2004:91-106.
69. Wills TB, Bohn AA, Finch NP, et al. Thyroid follicular adenocarcinoma in a ferret. Vet Clin Pathol. 2005;34:405-408.
70. Zoran DL. Is it IBD? Managing inflammatory disease in the feline gastrointestinal tract. Vet Med. 2000;95:128-139.

PageTop▲

循環器疾患

フェレット

循環器疾患

 フェレットの心疾患は比較的よくみられる疾患で、一般的には中高齢に多く診断されます。
他の飼育動物同様に心疾患のフェレットは運動不耐、嗜眠、食欲の減退、咳などがみられ、重症例では腹水、呼吸困難を生じます。

 フェレットの心臓の聴診は犬猫に比較すると比較的後方で行います。正常な心拍数は180~250とされていて、犬猫に比較すると多いため、聴診によってカウントするのは難しいかもしれません。洞性不正脈の報告もあり、この場合には心拍数が極端に少なく聴診できます。
フェレットでは心雑音もよく聴取されます。心筋症による肥大からギャロップが聴取されることもあります。

 心疾患を疑う場合には病歴の聴取や全血球検査、血液生化学検査、尿検査など全体的な身体検査を行い、さらに心疾患の確定のためには心電図、胸部レントゲン検査、超音波検査などを行います。犬糸状虫症の感染地域ではこの検査も必要です。
 
 レントゲン検査では通常の2方向の撮影を行います。正常なフェレットの心臓は犬猫に比較してより楕円形に近く、6~8肋間に位置します。胸腔内の脂肪により心臓が胸骨に接していないことも多くみられます。心疾患に罹患している場合には、心臓の陰影は拡大してより円形を呈し、気管を押し上げているようにみられます。
 犬と同様にレントゲン上で心臓の大きさを評価する改良型の椎骨心臓スコア(modified vertebral heart score)が報告されています。この方法では右側方レントゲンにより心臓の長径(LA)、短径(SA)を計測合算し(VHS)、胸椎の長さと比較します。この方法によって体格による心臓の大きさを調整します。腹背像では心臓周囲の脂肪の影響から心臓辺縁が不明瞭になりがちです。側方像ではより明瞭に観察できます。側方像では心臓の長径は気管分岐の腹側から心尖部の長さになります。
VHSの平均値は右側方像で5.33 (5.23~5.47 v)です。実測値は5.35 cm(5.02~5.48 cm)です。腹背像では6.0 v(5.73~6.15 v)です。

 心電図は主に心臓の調律異常を診断するために用いられます。フェレットの心電図の各数値については既報があります。フェレット・ウサギ・げっ歯類の内科と外科第3版には下記の表のように報告されています。
 フェレットの不整脈の報告例もいくつかあり、洞性不整脈や洞性頻脈が多くみられるようです。心房性または心室性の早期収縮拍動、心房細動などが心電図上で観察されることもあります。健康な動物でも軽度のAVブロックの報告がありますが、第三度のブロックの報告例はまれなようです。
 

心臓超音波検査
 心臓超音波検査は診断法の一つとして考えられてはいるが、まだ心機能の診断の点では十分とは言えないが、形態診断や犬糸状虫診断の補助としてなど利用されている。超音波検査は鎮静を行わずに検査できる場合が多く、有益です。
鎮静下のフェレットでの心臓超音波検査の基準値が報告されています。

治療
 CHF(うっ血性心不全)などの心疾患の治療は、他の動物種の治療を参考に行われてきました。薬用量などは猫の量を参考とすることがすすめられています。
 急性のCHFでは、薬物治療よりも酸素化が優先されます。犬猫用のICUルームなどより、より小さな水槽などを利用するほうが効率的かもしれません。同時に利尿剤を投与し、容量負荷を低減させます。フロセミドが最も推奨されますが、急性期には静脈内投与がより有効です。投与量としては1~4mg/kgを8~12時間ごとに投与します。急性期にはより高用量が必要となります。フロセミドの反復投与によっても呼吸状態が改善しない場合は、持続点滴により継続的に投与する必要が生ずることもあります。この場合の投与量としては1時間当たり1mg/kgの報告があります。ニトログリセリン外用(軟膏、テープ)の有効性は限定的で、持続点滴のほうが有効と考えられます。しかし、フェレットはニトログリセリンの血圧降下作用に対する感受性が高いとする報告もあり、この薬剤の使用に関しては十分注意が必要です。
 ACE阻害剤も使用されますが、フェレットにおける十分なエビデンスは見当たりません。投与量については48時間ごとに0.5 mg/kgと記載されている書籍がありますが、この投与量に関するエビデンスとしての資料は明らかではありません。利尿剤との併用によって、純機能に負担をかける可能性があるため、事前の血液検査による腎機能の確認、および投与期間中にも定期的なモニタリングが必要です。
 慢性のCHFでは、利尿剤やACE阻害薬が使用されますが、近年新しく上市されたピモベンダンについても記載されている書籍があります。投与量としてはフロセミド1~4mg/kg,po,bid~tid、ACE阻害薬は0.5 mg/kg q24~48hとされています。ピモベンダンは0.625~1.25 mg/kg,bidとされている書籍、0.15~0.5mg/kg,bidとされている書籍などあります。効果に関する十分なエビデンスはありませんが、副作用については特に報告がありません。唯一この薬剤については、味や香りの関係からフェレットが内用することを嫌う傾向があるとされています。
 ジギタリスに関しても処方例の記載はありますが、近年この薬は第一選択としては利用されなくなっており、フェレットにおいては使用される機会は少ないかと思います。効果は用量に依存するので少量から始めるのが基本とされますが、0.01 mg/kg,po,q12~24hと記載されています。しかし、ジゴキシンのフェレットへの適用についてのエビデンスも現在見当たりません。


各論

拡張型心筋症

 拡張型心筋症の報告もみられます。一方のみの心室が侵される場合と両側の心室が侵される場合があります。原因については明らかではありません。
 全般的な診断検査、臨床症状などに加え、超音波検査によって確定診断が行われます。
レントゲン検査においても、陰影は拡大してみられることが多く、胸水や肺水腫を伴うことも多いようです。また、心筋症に関連して肝臓や脾臓が腫大することも報告されています。
 ECGにおいても期外収縮や頻脈、細動などが観察されます。
症状としては他の動物の心疾患と類似してみられます。胸水を伴うほどの重症例は緊急に徹底した処置を行わないと、救命が困難な場合も少なくありません。
 
肥大型心筋症

 肥大型心筋症もフェレットにはみられるとされていますが、学術的な報告としての資料は認められません。拡張型ほどには多くないようです。猫の肥大型心筋症に似た経過をとるとされていますが、心不全症状が現れるまでは気づかれないことが多いようです。症状を認めずに突然死を起こす例もあるようです。心筋症による血栓の形成について明確な報告はありませんが、米国では経験されているようです。
 聴診で不整脈や雑音が来かれることがあるようですが、このような状態のフェレットは頻脈(時に300/分)であることが多く、聴診での診断には習熟が必要です。レントゲン検査では心陰影の拡大を認めない場合もあります。超音波診断装置による診断が最も有効とされています。
 発症の原因については明らかではなく、猫にみられる甲状腺機能亢進症との関係は否定する考え方が多いようです。
治療については猫に対する処方を応用して行われます。β遮断薬(atenolol @ 3.125-6.25 mg/kg,po,q24 h)、カルシウム拮抗剤 (diltiazem @ 3.75-7.5 mg/kg,po, q12h) などが用いられています。

弁膜疾患

 フェレットの心疾患では、これまでの教科書などでは心筋症が比較的多く記載されていますが、近年特に中高齢のフェレットに弁膜疾患の報告例が徐々に増えているようです。
 臨床症状は他の心疾患と同様進行度合いによって異なります。
 聴診によって収縮期雑音が左側心尖部で聴かれます。右側では三尖弁の逆流が聴取されます。
 胸部レントゲン検査では心臓の肥大が見られることもあり、VHSスコアで計測を行います。
 心電図所見は肥大所見以外は定型的ではありませんが、不整脈が見られることがあります。
 心臓超音波では、罹患弁の肥厚や大動脈の拡大が見られます。大動脈の閉鎖不全による逆流が良く見られますが、この時点でも臨床症状が見られないことも少なくありません。
 心肥大や、CHFの症状の程度によって、治療を開始するかどおか、判断されます。胸腔が狭いためにCHFの症状が現れると、早期に呼吸抑制を生ずることも考えられるので、注意が必要です。明確なエビデンスはありませんが、早い段階からACEIなどでの治療を開始することを考慮してもよいかもしれません。
 
犬糸状虫症
 フェレットの犬糸状虫症感染については、自然例、実験例それぞれ複数の報告があります。犬糸状虫が常在している地域では、飼育されているフェレットは感染の危険性が十分考えられます。疫学的には犬と同様であるとする報告がありますが、フェレットの体格が小さい事から、臨床症状としてはより猫に近い事が示されています。一匹のみの感染でも相当重度の症状を呈する事が考えられます。そのため、慢性的に臓器が障害を受けて生ずる各種臨床症状を呈する事は多くはないようです。 肺動脈に塞栓を生じて突然死を呈した例も報告されています。
 レントゲン検査で心臓の拡大、後大静脈を認めることもありますが、それのみで診断にはなりません。
 超音波診断では心臓内または肺動脈内の虫体を確認できることもあります。感染の診断には、臨床症状、レントゲン所見、超音波所見などを総合して行われます。感染フェレットの抹消血でのミクロフィラリアの検出率は約50%ととする報告がありますが、より低いとする記述もあります。抗原検査も感受性が低いとされています。
 感染を起こした場合の治療は非常に困難です。近年犬に用いられているドキシサイクリンの併用については、効果は不明とされていますが、選択肢としては考慮されます。イベルメクチン、プレドニゾロンとの併用例が報告されています。成虫の駆虫は心血管系のサイズの関係から危険性が高く、実施をしないほうが良いと思われます。
 
1. Bone L, Battles AH, Goldfarb RD, et al: Electrocardiographic values from clinically normal, anesthesized ferrets (Mustela putorius furo). Am J Vet Res 49:1884-1887, 1988.
2. Cottrell DK. Ferret health care. Heartworm disease in ferrets, www.miamiferret.org/fhc/heartworm.htm
3. Fox JG: Normal clinical and biologic parameters. In Fox JG, ed.: Biology and Diseases of the Ferret. Philadelphia, Lea & Febiger, 1988, pp 159-173.
4. Parrot TY, Greiner EC, Parott JD: Dirofilaria immitis infection in three ferrets. J Am Vet Med Assoc 184: 582, 1984.
5. Petrie, JP: Cardiovascular and other diseases. In Quesenberry KE, and Carpenter JW ed.: Ferrets, Rabbits, and Rodents: Clinical Medicine and Surgery, 2nd Ed. Philadelphia: WB Saunders/Elsevier, 2004.
6. Stepien RL, Benson KG, Forrest LJ. Radiographic measurement of cardiac size in normal ferrets. Vet Radiol Ultrasound 1999, 40: 606-610
7. Stepien RL, Benson KG, Wenholz LJ. M-mode and Doppler echocardiographic findings in normal ferrets sedated with ketamine hydrochloride and midazolam. Vet Radiol Ultrasound 2000, 41:452-456.


PageTop▲

中毒に注意しましょう

フェレット

 フェレットは好奇心旺盛な動物なので、誤食事故が多いことはよく知られていますが、家庭内にあるいろいろな物を食べてしまって中毒を起こすことも時におこります。バレンタインの時期には、毎年決まって犬のチョコレートの誤食が増えるものですが、。最近は小型犬が増えていることから、結構中毒症状を呈することも少なくありません。
 アメリカ国内のペットの事故の第一位は人間用の医薬品によるものと報告されています。睡眠薬(精神安定剤)を処方されている方が意外と多い事を、ペットの誤食から逆に知りました。睡眠薬を多量に飲んで自殺を計ったりする人がかつてはいたこともあってか、現在のこの手の薬は非常に安全性が高くなっています。多量に飲んでも死にいたる例は稀で、ペットでも急性中毒として死にいたる例はあまり見られません。しかし、中長期的には内臓を痛めたりすることもあるので、注意は必要です。
 意外と怖い薬がアセトアミノフェンという薬。これらは主に人の風邪薬や頭痛薬などに入っている薬剤で、解熱鎮痛剤と言えばわかりやすいでしょう。アスピリンやイブプロフェンなども同様に危険性が高いです。犬と猫では薬などの代謝に違いがあるため、猫は犬に比べて半分程度の量で中毒を起こすといわれています。フェレットも猫に近い代謝系を持つため危険性が高いといわれています。しかもフェレットは猫よりさらに体格が小さいため、錠剤を食べてしまった場合にはより危険性が高くなります。フェレットではメスのほうがより傷害を受けやすく死亡例も多いとされています。
 テレビCMなどで有名な頭痛薬、解熱鎮痛剤は1錠中に50mg以上のイブプロフェンが含まれているものもあり、フェレットでは体重1kgあたり25mgで4分の3が死亡したとする報告もあります。頭痛薬1錠でほぼこの量を超えてしまいます。

 フェレットでは薬剤の誤食は生命にかかわる場合が多いと考えて、特に注意が必要です。

PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。